ゆるふわリンクス(仮)

デュエルリンクスの遊び方について、無課金マンが頑張ってわかりやすく書きます

ほのぼの日常吸血鬼百合漫画『制服のヴァンピレスロード』

 

 

 「今日から私、吸血鬼になりました。普通の女子高生・入江夕凪はある晩、見知らぬ男に突然血を吸われてしまう…。吸血鬼となって目覚めた夕凪は血を吸った男・リンの眷属となり吸血鬼界のルール、吸血鬼のアレコレを学ぶことに…。“吸血鬼なりたて"コメディー開幕!!」(amazonの商品紹介より)

 

 前作「プラナス・ガール」で男の娘ラブコメを書いてた松本トモキさんの新作。前作も同性愛要素が非常に多かったのですが、今作はそれはもう濃厚な百合ないしレズ描写が繰り広げられます。

 あえて最初にこの「制服のヴァンピレスロード」の問題点を挙げるなら、前記したこのあらすじ。これだけ見るとよくある男×女の吸血鬼ものに見えること。そして、このリンがかなりウザめのキャラになってて、これで引き返す人がめちゃくちゃ多い。これは本当に勿体無い。こちらのガンガンJOKERの公式サイトで2話まで読めますので、ここまで読んで頂ければ「ほのぼの日常吸血鬼レズ漫画」とわかります。

制服のヴァンピレスロード - 連載作品 - ガンガンJOKER -SQUARE ENIX

  内容としては……とにかく吸血シーンのエロさですかね。作中で「吸血行為はお互いに強い快楽が伴う」とされてるのでもうこれは実質的にアレなわけです。あとは、主人公が女の子から血を吸いたくなった理由が、吸血鬼要素関係なしに「性的嗜好だから」とされて(それを、主人公は言われるまで気づかない)いるのが面白い部分ですかね。2巻からのいわばレズハーレムな状態は色んな意味でやばい。ちらちら生死の問題だったり、所謂正妻問題だったり見えてたりしますがゆるく続いて欲しい漫画です。